FC2ブログ
title

2019/031234567891011121314151617181920212223242526272829302019/05

2019/031234567891011121314151617181920212223242526272829302019/05

2019/031234567891011121314151617181920212223242526272829302019/05

2019/031234567891011121314151617181920212223242526272829302019/05

2019/031234567891011121314151617181920212223242526272829302019/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Raphael Saadiqがソロ活動を主体としている現在
Tony Toni Toneのリードとして活躍中のAmar Khalilがソロデビューですね。

Where There's A Will, There's A Way
ホエア・ゼアズ・ア・ウィル,ゼアズ・ア・ウェイAmar Khalil


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Raphael Saadiqにそっくりの歌声であるということから彼が抜擢されたんですが
Amarのほうがクセがなく、それでいて良質のGrooveを展開してくれます。

さらにDwayne Wiggingsのソロアルバム"Eyes Never Lie"の
"What's Really Going On(Strange Fruit)にも参加しており、以前からTony Toni Toneに関連していたことも伺えます。

オフィシャルはこちら

んー爽やかですねー(´∀`)

このアルバムを制作する段階に
なんと36キロの重りを頭に受けてしまい入院してしまったらしく
そのおかげで時間に余裕ができ、レコーディングに専念することができたみたいですw

Raphael SaadiqやTony Toni Toneが好きなら、こちらも是非チェックを♪

Blog Ranking
この記事がよかった、面白かったと思いましたらクリックお願いします♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urbanist.blog24.fc2.com/tb.php/16-99dc8919
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。